成功するフランチャイズビジネスで起業 

もう転職に失敗しない!90日で合格する転職成功最強の法則

フランチャイズビジネスで企業する方法の中でもフランチャイズ加盟するのではなく、フランチャイズ本部を立ち上げてしまう方法をガイドするサイトです。

サイトマップ

年代別動向|日本のフランチャイズ業界

日本にフランチャイズシステムが最初に導入されたのは1963年の「ダスキン」と「不二家」だと言われています。



これまで、のれん分けによるチェーンのようなものやコカコーラなどアメリカでは伝統的なフランチャイズチェーンと呼ばれている企業は存在していたものの、フランチャイズチェーンとして加盟を推進し始めた企業はこの2社だと言われています。

1960年代半ば以降、いくつかの外食チェーンがフランチャイズチェーンとしての展開を始めました。

「元祖札幌や」「養老乃瀧」などがその例です。

70年代になると「ミスタードーナツ」「日本マクドナルド」「ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC)」など、アメリカの大手フランチャイズチェーンが日本へ積極的に進出するようになります。

72年になると、日本フランチャイズチェーン協会が発足し、日本でもフランチャイズ化する企業が増加します。

例えば「吉野家」「モスバーガー」「ロッテリア」など現在、私たちの生活に浸透しているファストフードはこの頃に登場しています。

74年には「セブン・イレブン」、75年には「オートバックス」「小僧寿し」「ほっかほっか亭」「庄や」「ファミリーマート」など、日本の小売業や外食業分野のフランチャイズとしては中心的なチェーンが多数登場しています。

80年代になると「CoCo壱番屋」「ドトールコーヒー」などがスタートします。

また、「一ツ橋ゼミナール」や「センチュリー21」、「アイフルホーム」など、教育や建築業など、サービス業分野でも新しいチェーンが登場します。

同時に80年代にはコンビニエンスストアや外食業分野からメガチェーンと呼ばれる巨大なフランチャイズが登場します。

90年代に入ると古本屋の「ブックオフ」や駐車場の「パーク24(タイムズ)」などに代表されるように、サービス業を中心としたフランチャイズ・ビジネスが多数登場します。それらは現在に至るまで拡大し、株式公開企業がいくつも生まれています。

ビジネスブック倶楽部 一般会員
日本のフランチャイズ業界
小売業・外食業・サービス業
年代別動向
株式公開企業
フランチャイズチェーンの仕組み
本部と加盟店の役割
フランチャイズパッケージ
ビジネスパッケージ
フランチャイズシステム
様々なフランチャイズシステム
フランチャイズチェーンにおけるトラブル1
フランチャイズチェーンにおけるトラブル2
フランチャイズ本部を成功させるためのポイント
フランチャイズ本部のメリット・デメリット
フランチャイズ化の可能性
フランチャイズ本部を成功させるためのポイント構築する手順と組織
加盟店の開発
新規就農マニュアル【農業転職法】
リンク集
クリック一つで「上位表示させやすい」「稼ぎやすい」キーワードを自動収集するソフトキーワードコレクター「無限」 アフィリエイト、ネットビジネスのキーワード選びに。
2月13日 『新規参入で成功する最新ネットビジネス』
個人輸入ビジネス大成功の極意 【資金ゼロ、経験ゼロ、英語がわからなくてもできた!無職の私が自宅に居ながら年収1000万円になったワケ】

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
日本政策金融公庫 金利






















成功するフランチャイズビジネスで起業 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。