成功するフランチャイズビジネスで起業 

もう転職に失敗しない!90日で合格する転職成功最強の法則

フランチャイズビジネスで企業する方法の中でもフランチャイズ加盟するのではなく、フランチャイズ本部を立ち上げてしまう方法をガイドするサイトです。

サイトマップ

小売業・外食業・サービス業|日本のフランチャイズ業界

小売業分野

この分野ではやはりコンビニエンスストア(CVS)がシェアの大半を占めています。



チェーン数としては、近年は減少傾向にありますが、大手数社のコンビニエンスストアチェーンによる寡占化が進んでいる為で、売上高としてはむしろ増加傾向にあります。

他にも百円ショップや均一価格店などの業態も順調にシェアを確保し、他にも業務スーパーという新たな小売業態のチェーンもシェアを拡大しています。

一方で菓子・パン小売業分野が長期低迷から抜け出せないという現状もありますが、フランチャイズチェーン全体の推移としての小売業は好調な分野です。

外食業分野

外食業はファストフード、一般レストラン、居酒屋・パブ、コーヒーショップの4つに分類されています。

ファストフードを見ると日本独自のチェーン、例えばラーメン屋や牛丼屋が目立ちます。

また、日本独自のチェーンとは対照的に、アメリカから来たハンバーガーショップやフライドチキンチェーンがシェアを占めているのも特徴です。

数年前にカレーや牛丼の分野がBSE問題の影響で売上高を大きく落としたこともあり、外食業全体の売上高を見ると大きく落ち込んでいるのが現状です。

一般レストラン分野は焼肉、ピザ、日本料理、寿司の分野がシェアの大半を担っています。

特に回転寿司やとんかつチェーンが急成長を見せていることもありますが、定食屋業態の急成長がシェア拡大に繋がっています。

居酒屋・パブは新興チェーンが参入することによって着実に成長していますが、コーヒーショップは寡占化が強まっていることもあり、売上は横ばいの状態が続いています。


サービス業分野

上記に当てはまらない産業は全てこちらに属しています。

たとえば個人、法人向けサービスはもちろん、住宅販売など建築業分野もここに含まれます。

すなわち、この分野に属するチェーンには創業間もないものも多く、時代性を反映している分野と言っても差し支えは無いでしょう。

個人向けサービスには、クリーニングのような生活を支えるものから学習塾のような教育分野まで幅広い業態が存在します。

店舗自体が小規模ということも多く、店舗数の割には売上高が少ないというのもこの分野の特徴です。

印刷やコピーの分野はデジタル化が進むにつれサービスの変更や縮小を余儀なくされているため、どうしても低迷状態から抜け出せないのが現状です。

住宅建築・リフォームビルメンテナンス分野の中では木造住宅チェーンが業界の中心となっています。

これはローコストという点が理由に挙げられるでしょう。

リフォーム分野は、需要が拡大している割には業界をリードするチェーンが表れていないのが現状です。

サービス業分野は、時代がサービス業を中心とした流れにシフトしていることと規制緩和の両面で伸び率が高い分野です。

まだまだ開拓されていない分野なので今後の成長が期待し易い分野と言えるでしょう。

ビジネスブック倶楽部 一般会員
日本のフランチャイズ業界
小売業・外食業・サービス業
年代別動向
株式公開企業
フランチャイズチェーンの仕組み
本部と加盟店の役割
フランチャイズパッケージ
ビジネスパッケージ
フランチャイズシステム
様々なフランチャイズシステム
フランチャイズチェーンにおけるトラブル1
フランチャイズチェーンにおけるトラブル2
フランチャイズ本部を成功させるためのポイント
フランチャイズ本部のメリット・デメリット
フランチャイズ化の可能性
フランチャイズ本部を成功させるためのポイント構築する手順と組織
加盟店の開発
新規就農マニュアル【農業転職法】
リンク集
クリック一つで「上位表示させやすい」「稼ぎやすい」キーワードを自動収集するソフトキーワードコレクター「無限」 アフィリエイト、ネットビジネスのキーワード選びに。
2月13日 『新規参入で成功する最新ネットビジネス』
個人輸入ビジネス大成功の極意 【資金ゼロ、経験ゼロ、英語がわからなくてもできた!無職の私が自宅に居ながら年収1000万円になったワケ】

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
金利 税金





















































成功するフランチャイズビジネスで起業 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。